ハム上沢 初10勝 7年目ついに「期待裏切ってきたので」

[ 2018年7月28日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム13―2オリックス ( 2018年7月27日    札幌D )

<日・オ>ファイターズガールが作る10の文字でポーズを取る上沢(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 プロ7年目でようやく届いた10勝目。日本ハム・上沢は今季初めて上がった本拠地のお立ち台で「今までたくさん、チームの期待を裏切ってきたのでうれしい」と笑った。

 8回8安打2失点。走者を出さなかったのは5回だけだが、「めちゃくちゃいい感じではなかったけど押し込めた」という。直球が走った要因は、元同僚の谷元(現中日)を参考にリリースポイントを前にしたためだ。登板間のキャッチボールでリリースポイントをさらに打者寄りに修正し、回転数の多い直球がより威力を増した。

 昨季まで6年間で通算17勝。16年は右肘手術で登板機会なし。復活を期した翌17年のシーズン前は「今年ダメだとクビだと思っていた」。その右腕が大谷の穴も感じさせない働きだ。チームの連敗も2で止めたが、栗山監督は「まだこっちがイメージしている半分しか勝っていない。ここから10勝してくれると思う」とあえて高いハードルを設定した。「後半戦が大事になってくる」と引き締める上沢が、逆転優勝のキーマンだ。 (東尾 洋樹)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース