上田 唯一の得点を叩き出すも、満塁機の凡退に反省しきり

[ 2014年3月22日 18:29 ]

オープン戦 ヤクルト1―6ロッテ

(3月22日 神宮)
 「2番・中堅」でオープン戦7試合ぶりの先発出場となったヤクルトの上田が、ロッテ戦で唯一の得点を叩き出した。

 5回2死三塁で迎えた第3打席に中前適時打。しかし3回の第2打席では1死満塁から遊飛を打ち上げ凡退していただけに「一番やってはいけない結果。久々に試合に出してもらって、結果を出さないといけないという思いが強すぎた」と反省していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース