豪州開幕戦にコミッショナーご機嫌「頻繁にやるべきだ」

[ 2014年3月22日 21:59 ]

ナ・リーグ ドジャース3―1ダイヤモンドバックス

(3月22日 シドニー)
 試合前に記者会見したセリグ・コミッショナーは「素晴らしい数日間だ。誇らしく思う」と満足そうな表情で言った。次の北米以外での公式戦開催については「もっと頻繁にやるべきだ。すべての可能性を探っているところ」とした。

 今回の遠征は、1914年のシドニーでのオープン戦、ホワイトソックス―ジャイアンツから100周年にあたるのを記念して実現された。コミッショナーは「ここに戻ってくるまで100年はかからない。それだけは約束できるよ」と、ジョークを飛ばすなど終始ご機嫌だった。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース