西川 勝負強く3点三塁打、淡々と「打てたのは良かった」

[ 2014年3月22日 19:50 ]

2回日本ハム2死満塁、西川が左中間に走者一掃の三塁打を放つ

オープン戦 日本ハム3―2巨人

(3月22日 東京D)
 オープン戦の終盤になって調子を上げてきた日本ハムの西川が、勝負強さを発揮した。2回2死満塁で走者一掃の三塁打を放った。

 栗山監督からは「144試合ポジションが変わらないところで頑張れ」と励まされている。二塁の定位置を狙う4年目は「きょうはあそこしかチャンスがなかった。打てたのは良かった」と淡々と振り返った。

 ▼日本ハム・厚沢投手コーチ(大谷に)「逆球はあったが、ストライクゾーンの中での逆球にまとまってきている。ボールゾーンへの抜け球はほぼなくなった」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース