ライアン制球力どこへ…2試合連続乱調も「考えても仕方ない」

[ 2014年3月22日 05:30 ]

<ヤ・日>2回1死満塁、岡(左)に右適時打を浴びる小川

オープン戦 ヤクルト4―5日本ハム

(3月21日 神宮)
 2年目で初の大役を務めるヤクルトの小川は、6回7安打5失点と不安を残した。生命線の制球力が影を潜め「直球とフォークが悪かったので修正したい。ここまで来たら、あれこれ考えても仕方ないし、自分を信じて投げるだけ」と必死に前を向いた。

 前回登板した15日楽天戦(静岡)でも5回7失点と乱調だった右腕に対し、小川監督は「制球が持ち味なので、あと1週間でしっかり調整してほしい」と祈るように話した。

 ▼ヤクルト・バレンティン(4回にオープン戦トップタイとなる中越え4号2ラン)感触が良かったのでいくと思った。いつ開幕してもいい状態。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース