池田に強力援軍!故蔦監督着ぐるみ「つたはーん」地元で応援

[ 2014年3月22日 05:30 ]

故蔦文也監督をイメージしたキャラクター「つたはーん」と、制作した阿波池田商工会議所青年部の馬宮亮一郎会長

第86回選抜高校野球大会1回戦 池田―海南

(3月22日 甲子園)
 池田を春夏3度の優勝に導いた故蔦文也監督の着ぐるみキャラクター「つたはーん」が登場した。22日の初戦は地元から応援する。

 阿波池田商工会議所青年部が制作したもので、地元で「蔦はん」と呼ばれていたのにちなんで名付けられた。約1メートル80と大柄な体形で、胸には「IKEDA」と書かれたユニホーム。試合中の表情をイメージした顔は、への字に曲がった唇と垂れ下がった眉毛が特徴だ。親しみやすさを出すため、ぽっこりとおなかも出ている。

 蔦監督から社会の授業を受けた青年部の馬宮亮一郎会長(46)は「池田高の野球が再び脚光を浴びて活躍できるよう、町全体で応援したい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース