エンゼルス&カブス 大物の息子同士のトレード成立

[ 2014年3月22日 05:30 ]

 エンゼルスとカブスがマイナーで大物の息子同士によるトレードを成立させた。

 エンゼルスはマイク・ソーシア監督(55)の息子のマット・ソーシア内野手(25)を、カブスは北米プロアイスホッケーNHLで大活躍しカナダの英雄で「グレート・ワン」と呼ばれるウェイン・グレツキー氏(53)の息子トレバー・グレツキー外野手(21)をトレードで放出。マットは昨季1Aで打率・222、3本塁打、46打点で、トレバーは1Aで打率・274、1本塁打、8打点だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース