創成館 昨年に続き今年も初戦突破ならず… 3安打零敗

[ 2014年3月22日 11:48 ]

1回戦で敗退し、引き揚げる創成館ナイン

第86回選抜高校野球大会1回戦 創成館0―3駒大苫小牧

(3月22日 甲子園)
 2年連続2回目出場の創成館(長崎)は駒大苫小牧(北海道)の2年生右腕・伊藤大に散発3安打に封じられ、完封負けで1回戦で姿を消した。

 初回、1番・原口が左翼線を破る二塁打で出塁し、いきなりのチャンス。だが、後続を断ち切られ先制機を逃すと、あとはチャンスらしいチャンスを築くこともできなかった。

 稙田(わさだ)監督は「伊藤投手を攻略できなかった」と完敗を認め、0―2で迎えた5回の守りで2死走者なしから失策をきっかけに暴投と連打で追加点を許したことを「2死からの3点目が痛かった。ミスもあった。それが夏までの課題」と悔やんだ。

 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース