森野 2安打に「どうにもならない時期は過ぎた」開幕5番が濃厚

[ 2014年3月22日 20:12 ]

9回中日1死、森野が左前打を放つ

オープン戦 中日0―3楽天

(3月22日 ナゴヤD)
 中日の森野が2安打と気を吐いた。「調子は悪くないし、全くどうにもならない時期は過ぎた」と順調な様子だ。

 第2打席では追い込まれてからしぶとく中前へ。第4打席では初球を鋭いライナーで左前へはじき返した。5番での起用が濃厚となっており「いろんなことをやれる自信はある」と静かな口調に力を込めた。

 ▼和田(オープン戦打率4割超)「打数が少ないから。でもイメージ通りのことはできている」

 ▼中日・森ヘッドコーチ(山本昌に)「投げたらいつでもいいものを出せる、というのを見せてくれた」

 ▼中日・友利投手コーチ(大野に)「修正しようという意識が伝わってこなかった」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース