中田 6回を4安打1失点と好投 いきなり3者三振、低めに制球

[ 2014年3月22日 15:03 ]

広島戦に先発し、6回1失点のソフトバンク・中田

オープン戦 ソフトバンク12―2広島

(3月22日 ヤフオクD)
 ソフトバンクの中田が、オープン戦最後の登板となる広島戦で先発し、6回を投げ4安打1失点、6三振、無四球と好投した。

 初回は3者連続三振を奪う上々の立ち上がりを見せると、その後も低めをついた落ち着いた投球。6回に小窪と丸の連続安打で無死一、二塁とされ菊池の中犠飛で1点を返されるも、続くキラとエルドレッドをきっちり抑え後続を断った。

 15日の巨人戦では、右太腿裏の張りを訴え4回で降板した中田だったが、「体は問題ない。元気だし、もっと投げたい」と不安を感じさせなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース