小川監督 好機生かせぬ打線に渋い顔「毎度、同じようなパターン」

[ 2014年3月22日 16:59 ]

ロッテ戦に先発し、5回3失点のヤクルト・石川

オープン戦 ヤクルト1―6ロッテ

(3月22日 神宮)
 ヤクルトは好機を生かせなかった。3回1死満塁では上田、バレンティンが倒れ、8回の無死満塁も川端の遊ゴロ併殺打などで無得点に終わった。小川監督は「毎度、同じようなパターン」と渋い表情だった。

 オープン戦ではまだ1勝しかしていない。指揮官は「一つしか勝てないというのは良くないよね。残り1試合、何とか勝つしかない」と白星にこだわる姿勢を示した。

 ▼石川(1回に先頭打者本塁打を浴びるなど5回3失点)「序盤の失点は悔やまれる。初球がうまく入れず、苦しくなった」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース