池田エース名西 サヨナラ呼ぶ終盤の奮投、「辛抱強く投げた」

[ 2014年3月22日 15:21 ]

海南戦に先発した池田・名西

第86回選抜高校野球大会1回戦 池田4―3海南

(3月22日 甲子園)
 逆転でのサヨナラ勝ちに、池田のエース名西は「辛抱強く投げれば点を取ってくれると思った。(サヨナラの場面は)本当に抜けたのかと信じられなかった」とうれしそうに話した。

 試合は球が高めに浮いて3点を先行されたが「この日のためにやってきた。勝つと思って強気な投球をしよう」と、終盤に本来の投球を取り戻した。8、9回はともに3者凡退。反撃の機運を高める投球に「前の自分だったらうつむいていた」と、誇らしげだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース