顔面打球直撃 チャプマンが骨修復手術、戦列復帰は5月下旬

[ 2014年3月22日 05:30 ]

 19日のロイヤルズ戦で打球を顔面に受けたレッズのチャプマンが20日、直撃して折った左目上部の骨を修復する手術を受けた。脳への損傷はなく22日に退院する予定で、球団によるとマウンドでの投球再開まで6~8週間の見込み。

 米スポーツ専門局ESPNによると、この試合で捕手を務めていたペーニャがチャプマンと電話で話したことを明かし「キューバのジョークを話していたから、彼の記憶は正常だ」と喜んだ。戦列復帰は5月下旬になる見込みだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース