杉内 立ち位置戻して5者連続三振「スライダー切れていた」

[ 2014年3月22日 05:30 ]

<巨・D>4回2死、ブランコの飛球を好捕した片岡を手をたたいて迎える杉内

オープン戦 巨人7―3DeNA

(3月21日 東京D)
 巨人の杉内がプレート板の立ち位置を昨季までと同じ一塁側に戻し、5回1安打無失点と好投した。今季は立ち位置を真ん中に変えていたが「スライダーと直球の角度をつけたかった」と従来の形で右打者の内角を鋭く突いた。

 2回2死の金城から4回先頭の山崎まで5者連続三振を奪い「スライダーが切れていた。良いイメージで開幕に向かえる」と手応え。開幕2戦目となる29日の阪神戦(東京ドーム)での先発が濃厚な左腕は「球数を増やしながらいきたい」と先を見据えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース