西岡 実戦復帰延期 「朝がしんどい」ぶっつけ開幕も

[ 2014年3月22日 07:43 ]

17日の全体練習でノックを受ける鳥谷(左)と西岡

 鳥谷だけではない。背中から首にかけての張りを訴えて戦線離脱中の阪神・西岡も、実戦復帰とはいかなかった。21日は鳥谷同様、グラウンドに姿を現さず。屋内でティー打撃を行った。状態を問われた指揮官は「ティー打撃はしているから」と明かし「きょうは、そこまで。ティー打撃では、普通に(バットを)振れていた」と徐々にではあるが、快方に向かっていることを示唆した。

 ただ、すぐさま復帰ともいかないようだ。復帰時期については「無理はさせたくないから」と指揮官も慎重な姿勢を崩さない。22日にもフリー打撃を再開し、その状態を見た上で、23日のオープン戦最終戦に出場するか否かを判断する構えだ。「首のことなんで朝がしんどいみたい」。西岡も最悪「ぶっつけ本番」で開幕を迎える事態になりかねない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース