開幕候補の大野「力みすぎた」いきなり2失点、監督からハッパも

[ 2014年3月22日 20:09 ]

3回、マウンドで谷繁兼任監督(左)と話す中日・大野

オープン戦 中日0―3楽天

(3月22日 ナゴヤD)
 ここまでオープン戦4試合で18回を1失点と抜群の安定感を誇っていた中日・大野だったが、開幕前最後の登板となったこの日は1回にいきなり2失点。「力を入れていこうと思ったら、力みすぎた」と唇をかんだ。

 ボール先行で球数がかさみ、3回途中にはマウンドで捕手の谷繁監督に「しっかりしろ」とハッパを掛けられた。左腕は「今までが良すぎた。そんなに甘くない」と気を引き締めたが「開幕までに修正できる。不安は全くない」と強調した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース