三嶋不安残る5失点 中畑監督「?マークつくけど…やってもらう」

[ 2014年3月22日 05:30 ]

<巨・D>2回無死一、二塁、ロペス(右奥)に左越え本塁打を打たれた三嶋はマウンド上でガックリ

オープン戦 DeNA3―7巨人

(3月21日 東京D)
 DeNAの三嶋は5回7安打5失点の乱調。最速144キロの直球は切れがなく、ロペスに2打席連続本塁打を浴びた。

 実戦6試合で20イニングを17失点、防御率7・07と開幕に向け不安が残る内容だが「課題だらけだけど、オープン戦。反省して開幕良ければいいぐらいの気持ちで、前向きに考えたい」と話した。2年目右腕に初の大役を任せる中畑監督は「開幕投手と言われる投手にクエスチョンマークがつくけど彼にやってもらう。反省してもらいたい」と奮起を促した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月22日のニュース