【オリックス2位】東明大貴 うなる153キロ救援もいける

[ 2013年10月24日 17:30 ]

富士重工・東明大貴

2013年ドラフト

 【東明大貴(とうめい・だいき)投手 24歳 富士重工 右投右打 1メートル78、76キロ】

 投手としてはそれほど恵まれた体型ではないが、最速153キロをマークした直球は“うなる”球質。スリークォーターからスライダー、フォーク、シュート、カーブ、チェンジアップなど多彩な変化球を投げ分ける。

 桐蔭横浜大の躍進を担いながら成長した大学時代から、富士重工に入社後はクイックやフィールディングなど投手としての質を磨いた。社会人では先発、救援両方経験。目いっぱいの投球で完投できるだけのスタミナを持ちながら、真っすぐで空振りを取れる球威はセットアッパーの適正もありそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月24日のニュース