レッドソックス左腕レスターが好投 強力打線に的絞らせず

[ 2013年10月24日 12:31 ]

カージナルス戦に先発したレッドソックスのレスター

Wシリーズ第1戦 レッドソックス8―1カージナルス

(10月23日 ボストン)
 レッドソックスの左腕レスターが7回2/3を5安打無失点、8奪三振と好投した。「緊張するだろうけど、自分の投球をしたい」と話していた通り、150キロ前後の速球にカットボールやカーブを織り交ぜ、カージナルスの強力打線に的を絞らせなかった。

 血液のがん、悪性リンパ腫を克服したことでも知られる。ワールドシリーズはがん治療後の2007年、第4戦に先発して5回2/3を無失点に抑えており、無失点記録を伸ばした。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月24日のニュース