栗山監督「くじは俺が引く。これも縁」 キャスター時代に大瀬良取材

[ 2013年10月24日 06:00 ]

キャッチボールをする大瀬良

2013年ドラフト

 日本ハムは都内で会議を行い、九州共立大の大瀬良を1位指名の最有力候補とした。

 栗山監督はスポーツキャスター時代の09年夏の甲子園で当時長崎日大の大瀬良と花巻東・菊池(西武)の投げ合いを取材している縁もある。競合は必至だが、ドラフト前に都内の神社で参拝してから初の抽選に臨む指揮官は「くじは俺が引く。これも縁」と力を込めた。山田正雄GMはJR東日本・吉田、東京ガス・石川、桐光学園・松井も横一線として「あすの朝まで考えたい」と最終決定としなかったが、大学No・1右腕獲りに全力を注ぐ。また、下位候補で帝京・石川亮捕手をリストアップした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月24日のニュース