和田監督 3度目の正直で岩貞当てた「能見に似たタイプ」ローテ期待

[ 2013年10月24日 18:31 ]

和田監督(左)から交渉権確定の札を手渡される横浜商大・岩貞

2013年ドラフト

 3回目にしてようやく日本ハムとの競合の末、左腕の岩貞(横浜商大)を引き当てた阪神・和田監督は「3度目の正直。残っていた」と複雑な表情。昨年は藤浪(大阪桐蔭)を一発で引き当てたが、今回は大瀬良(九州共立大)、柿田(日本生命)を外した。

 岩貞については「能見に似たタイプ。チーム内にいい見本がいる。頑張ってほしい。1年目からローテーションに入る力を持っている」と評価は高い。

 メッセンジャーら外国人投手の去就が確定しない中で即戦力投手の交渉権を得た。V奪回へ「早く見てみたい」と期待は高まるばかりだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月24日のニュース