育成ドラフト 6球団13選手を指名 ソフトBの4人が最多

[ 2013年10月24日 21:51 ]

2013年ドラフト会議

 育成ドラフトが24日に行われ、6球団が計13選手を指名した。ソフトバンクの4人が最多だった。

 育成選手制度は2005年に導入された。公式戦出場は2軍戦に限定され、原則として7月末までは支配下選手枠への登録が可能となる。指名選手は次の通り。(丸数字は順位)

 ▽巨人(1)青山誠外野手(日大)(2)長江翔太投手(大経大)(3)北之園隆生内野手(熊本・秀岳館高)

 ▽中日(1)岸本淳希投手(福井・敦賀気比高)(2)橋爪大佑内野手(大商大)

 ▽DeNA(1)砂田毅樹投手(秋田・明桜高)(2)万谷康平投手(ミキハウスREDS)

 ▽ロッテ(1)肘井竜蔵捕手(兵庫・北条高)

 ▽ソフトバンク(1)石川柊太投手(創価大)(2)東方伸友投手(島根・浜田商高)(3)曽根海成内野手(京都国際高)(4)張本優大捕手(仏教大)

 ▽オリックス(1)東弘明内野手(四国アイランドリーグplus徳島)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月24日のニュース