大阪桐蔭・森友 藤浪さんに続く「自分も追いついて1軍で」

[ 2013年10月24日 06:00 ]

プロで先に活躍する藤浪に刺激を受けて運命の時を待つ森友

2013年ドラフト

 高校No・1捕手の大阪桐蔭・森友哉は、大阪・大東市の同校で会見し「(阪神の)藤浪さんは1年目からあれだけの活躍をされた。自分も追いついて1軍でプレーしたい」と意気込んだ。

 昨年は藤浪とのバッテリーで甲子園春夏連覇を達成。今年は18Uワールドカップで主将を務め、チームを準優勝へ導いた。「背が小さい分、スピードとフットワークでカバーしたい。打撃と(捕手の)守備を両立したい」と決意を示した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月24日のニュース