谷繁監督 初の大仕事はくじ引き 落合GMは秘密主義貫く

[ 2013年10月24日 06:00 ]

スカウト会議に向かう落合GM

2013年ドラフト

 中日の谷繁新監督が落合GMらとともに都内で行われたドラフト前日の会議に参加。競合となった場合は、自ら抽選を行うことが決まった。

 「(験担ぎは)何もない。右手か左手かも分からない」とおどけながら、初の大仕事に向けて意気込んだ。また、監督時代に徹底した秘密主義を貫いた落合GMは「決まっていないことはしゃべれない。しゃべれないということは何も決まっていない」。約2時間半の会議では桐光学園・松井を筆頭にJR東日本・吉田ら1位指名候補の最終チェックが行われた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月24日のニュース