桐光・松井 早くも“マー君超え”に意欲「ゆくゆくは」150人近い報道陣集結

[ 2013年10月24日 18:25 ]

<楽天1位・桐光学園・松井>楽天に1位指名された松井は笑顔で会見
Photo By スポニチ

2013年ドラフト会議

 楽天に1位指名された桐光学園(神奈川)の松井裕樹投手(3年)が24日、同校で会見を行い「ゆくゆくは超えていけるよう頑張りたい」と、今季無敗の絶対エース“田中超え”に意欲をみせた。

 150人近い報道陣が集まり、無数のカメラのフラッシュを浴びながら、制服姿で会見場に姿をみせた松井。交渉権が楽天に決まったことを受け「実感はないが、ホッとしています」。開始当初は表情が硬かったが、徐々に気持ちが落ち着いたのか「今年パ・リーグ優勝チームなので、強いチームに選んでもらえて光栄。うれしく思う。(決定まで)緊張してドキドキしていました」と話すと、ようやく笑顔を浮かべた。

 松井はドラフト前から12球団OKの姿勢を示しており、すでにプロ入りへの気持ちは固まっている様子。「勝てるピッチャーを目指してやっていきたい。球界を代表するピッチャーになりたい。少しでもチームの力になれるよう頑張りたい」ときっぱり。楽天といえば、やはり田中の存在は大きいが「目標としているピッチャーなので、学べるものはたくさんある。吸収して、ゆくゆくは超えていけるよう頑張りたい」と力を込めた。

 本拠地となる東北・宮城については「中学の遠征で何回か行ったことがあります」とし、食べたいものを聞かれると「牛タンです」と笑った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月24日のニュース