【ヤクルト1位】杉浦稔大 玄人好みの実戦派 制球抜群

[ 2013年10月24日 17:39 ]

国学院大・杉浦稔大

2013年ドラフト

 ヤクルトはソフトバンクと競合しながらも外れ1位で国学院大の杉浦稔大投手の交渉権を獲得した。

 【杉浦稔大(すぎうら・としひろ)投手 22歳 国学院大 右投右打 1メートル88、85キロ】
 豪速球や抜群の決め球を持っているわけではないが、安定感のある投球で制球に優れ、試合を作れることが持ち味だ。

 アマチュアなら9イニング平均で四死球3個以内なら優秀と言えるが、国学院大が1部昇格してからの3シーズンで杉浦の与四球率1・30、0・85、1・94と驚異的な数字を残している。

 プロでも順調にいけば1年目から先発ローテを狙える素材。1年間ローテを守りきれば二桁勝利も見えてくる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月24日のニュース