田沢 メジャー5年目で初の大舞台「正直うれしい」

[ 2013年10月24日 06:00 ]

ワールドシリーズ開幕に備えた練習の合間に、ふざけ合うレッドソックス・上原(左)と田沢(中央)
Photo By スポニチ

ワールドシリーズ第1戦 レッドソックス―カージナルス

(10月23日 ボストン)
 レッドソックスの田沢はメジャー5年目で初めてのワールドシリーズ。

 「社会人(野球)からここに来て、この舞台に立てるとは夢にも思わなかった。正直、うれしい」と喜びをかみしめていた。今ポストシーズンはセットアッパーとして8試合に登板し1勝0敗、防御率1・80。リーグ優勝決定シリーズのタイガース戦では主砲カブレラを3打席全て封じた。大きな自信を得たが、気持ちは既にリセットしており「少しでもチームに貢献したい」と気合十分だった。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2013年10月24日のニュース