×

金&銅獲得の水谷隼厳選語録「中国にたくさん負けてきて、東京五輪で全てのリベンジができた」

[ 2021年8月6日 14:02 ]

男子団体3位決定戦でポイントを挙げ、雄叫びを上げる水谷(右)丹羽ペア(AP)
Photo By AP

 華麗なラリーのごとく名ゼリフを次々とスマッシュするのが、水谷だ。過去、その哲学者ぶりなどを発揮してきた言葉をいくつか抜粋した。

 ☆「相手がこの水谷隼を怖れてるって感じるんですよね、最近」(リオ五輪団体で無敵の5連勝を飾り)
 ☆「サーブを出す相手の手が震えているのが見えた」(大の苦手とするボルとの試合を振り返って。プロ野球・川上哲治氏の「ボールが止まって見えた」に匹敵する極限の集中力)
 ☆「自分のキャリアの中で足りない物が埋まった」。(リオ五輪でシングルス銅メダルを獲得しての感想。世界大会で初めての個人メダルに誇り)
 ☆「シングルスは自分の夢。団体戦はみんなの夢を叶えたかった」(リオ五輪で両種目のメダル獲得で東京五輪に向けても弾み)
 ☆「中国という国に今まで五輪、世界卓球で本当にたくさん負けてきて、東京五輪で全てのリベンジができた」(東京五輪で新種目の混合ダブルス制覇。決勝で中国ペアを撃破し)
 ☆「伊藤選手が拒否気味で、痛いとはねのけられたのがつらかった」(優勝した直後に、幼なじみの伊藤美誠と抱き合った場面を振り返り…)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月6日のニュース