讃岐 悲願のJ2昇格!高橋先制ヘッド、10人で鳥取に勝利

[ 2013年12月8日 14:53 ]

鳥取―カマタマーレ讃岐 前半20分、先制ゴールを決め喜ぶカマタマーレ讃岐・高橋(左)

J2・JFL入れ替え戦・第2戦 カマタマーレ讃岐1―0鳥取

(12月8日 とりスタ)
 J2・JFL入れ替え戦の第2戦が8日、鳥取県のとりぎんバードスタジアムで行われ、JFL2位のカマタマーレ讃岐がJ2リーグ22位の鳥取に1―0で勝利。第1戦は1―1で引き分けており、讃岐が1勝1分けで初のJ2昇格を決めた。

 前半10分過ぎのピンチをしのいだ讃岐は同18分、自陣からのロングフィードに反応したFW木島がペナルティーエリアに抜け出し、相手GKに倒されてPKを獲得。しかし慎重になりすぎたか、力のないキックはGK杉本に阻まれ、先制のチャンスを逃した。しかしわずか2分後、讃岐は中盤でボールを奪うとMFアンドレアがドリブル突破。ペナルティーエリア手前で相手に阻まれるも、こぼれ球を拾ったMF山本がファーサイドにふわりとしたクロスを挙げ、FW高橋が頭で合わせて先制点を挙げた。

 しかし後半9分、DF藤田が警告2回で退場となり讃岐は数的不利を強いられる。その後、鳥取が相手ゴール前に迫る場面もあったが1点が遠く、試合は1―0で終了。10人でしのぎ切った讃岐が、悲願のJ2切符を手にした。

 鳥取は2011年にJ2に参入も3シーズンで降格。来季は新しく発足するJ3で戦うことになった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年12月8日のニュース