C大阪 柿谷&山口は来季残留濃厚も扇原は独流出?

[ 2013年12月8日 05:30 ]

 C大阪は今季限りで退任するレヴィー・クルピ監督に代わり、来季は現FC東京監督のポポヴィッチ氏が指揮を執ることが決定的になっている。日本代表でも活躍するFW柿谷とMF山口には海外クラブが獲得に興味を示しているものの、残留が濃厚となっている。

 去就が流動的となっているのが、ドイツ1部・ニュルンベルクから正式オファーを受けているMF扇原。クラブは慰留につとめているものの、今後の交渉次第では流出する可能性もある。タイのバンコク・グラスFCから正式オファーを提示されている元日本代表DF茂庭は退団が濃厚となっている。

 その一方で、湘南で主将をつとめ今季33試合に出場したMF永木の獲得に乗り出していることも判明。J2神戸のMF森岡には、すでに正式オファーを出している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年12月8日のニュース