W杯1次Lへ意気込み 酒井高、ギリシャに「相当難しい相手」

[ 2013年12月8日 17:01 ]

ハノーバー戦の前半、競り合うシュツットガルトの酒井高(左)

ブンデスリーガ シュツットガルト4―2ハノーバー

(12月7日)
 直接対決でフル出場したシュツットガルトの酒井高とハノーバーの酒井宏は試合後、ワールドカップ(W杯)1次リーグの対戦相手決定について感想を話した。

 酒井高は前回大会前の親善試合で戦ったコートジボワールを「衝撃を受けたチーム」と評した。コロンビアは「すごくクオリティーが高いし、迫力がある」と警戒。ギリシャは「相当難しい相手」と評した。

 酒井宏はチームメートと「その話題で持ちきり」とした上で「自分はこっちでしっかり結果を出さないといけない」と奮起を誓った。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月8日のニュース