日本の初戦、コートジボワール戦の開始時間変更 W杯1次L7試合で

[ 2013年12月8日 15:35 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)は7日、2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の試合開始時間が確定したと発表した。1次リーグC組の日本の初戦、コートジボワール戦が6月14日午後7時(日本時間15日午前7時)から午後10時(同15日午前10時)となるなど、計7試合が当初の予定から変わった。

 日本戦以外の変更は次の通り。(カッコ内の時間は日本時間)

 6月14日 イングランド―イタリア(D組)午後9時から午後6時(15日午前7時)

 18日 カメルーン―クロアチア(A組)午後3時から午後6時(19日午前7時)▽スペイン―チリ(B組)午後7時から午後4時(同午前4時)

 22日 米国―ポルトガル(G組)午後3時から午後6時(23日午前7時)▽ベルギー―ロシア(H組)午後7時から午後1時(同午前1時)▽韓国―アルジェリア(H組)午後1時から午後4時(同午前4時)。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月8日のニュース