大分 3失点で力負け…田坂監督「個の差が出た」

[ 2013年12月8日 05:30 ]

最終節で磐田に敗れ、肩を落とす大分イレブン

J1最終節 大分1―3磐田

(12月7日 ヤマハ)
 前半唯一のシュートで先制した大分だったが、思うように攻撃を組み立てられないまま3点を失った。

 田坂監督は「個の差が出た」と完敗を認めた。今季は2勝しかできずにJ2降格。指揮官は「今まで味わったことのない悔しさ。天皇杯にぶつけたい」と話し、去就については「はっきり言えない」と明言することはなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年12月8日のニュース