ピクシー 名古屋ラストマッチ飾れず…「また戻ってくる」

[ 2013年12月8日 05:30 ]

最終戦を終え、サポーターの声援に応える名古屋のストイコビッチ監督

J1最終節 名古屋0―2新潟

(12月7日 東北電ス)
 名古屋のストイコビッチ監督は6シーズンの総決算となるはずの試合で力負け。「今季を象徴していた。チャンスはあったが、生かせなかった」と振り返った。

 永井が快足で抜け出したり、藤本らが決定機を迎えたりしながらゴールは奪えない。攻守でずるずるとリズムを失う悪い流れを繰り返し「最初から最後まで不安定だった」と語った。クラブ最長の指揮を執って10年には初のJ1王座に就き、通算103勝。ラストシーズンは11位に沈んだが、「100回以上勝って祝えたことは良かった。また日本に戻ってくる」と最後は笑みを見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年12月8日のニュース