死の組イタリア、ウルグアイ、イングランドのオッズ↓

[ 2013年12月8日 08:39 ]

14年W杯ブラジル大会1次L組み合わせ決定

 抽選結果を受けて優勝オッズが動いた。出場32チームが決定した11月22日と比較し、1次リーグの組み合わせに恵まれたブラジル、アルゼンチン、ベルギー、フランスなどは上昇。逆に“死のD組”に入ったイタリア、ウルグアイ、イングランドなどはダウンした。

 日本は151倍から201倍に変化。日本の入ったC組は混戦のためか全チームがダウンした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月8日のニュース