ストイコビッチ氏、退団イベントで「W杯は五分五分」日本支援約束

[ 2013年12月8日 18:40 ]

 J1名古屋を退団するストイコビッチ監督が8日、名古屋市内でトークショーを行い、約800人のファンを前に、来年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会について「(日本が入った1次リーグC組の)4チームともハッピー。どのチームにも五分五分のチャンスがある」と分析、「日本のキープレーヤーは本田。優勝の本命はブラジル」との見立てを披露した。大会中は現地に足を運ぶ予定で「全力で日本をサポートしたい」と約束した。

 名古屋での6年間の思い出は「心残りはJ1優勝した翌年(2011年)に優勝できなかったこと。仕事のオファーはあるが、体を休めて家族と過ごしたい」と笑顔で語った。「日本代表、Jリーグをこれからも応援していくが、一番応援するのは名古屋」と続け、観衆を喜ばせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年12月8日のニュース