日本 コートジボワール戦勝利なら決勝T進出84・8%

[ 2013年12月8日 06:49 ]

サッカーW杯ブラジル大会の抽選会を終え、各国代表監督と記念撮影に臨むザッケローニ監督(中央)
Photo By スポニチ

14年W杯ブラジル大会1次L組み合わせ決定

 日本の過去W杯本大会初戦は●△●○。ベルギー戦に△2―2の02年、カメルーン戦に○1―0の10年は決勝Tへ進出。初戦●の98、06年は1次リーグ(L)で敗退している。

 現行の32チームで行われるようになった98年大会以降、1次L初戦○は延べ46チームで、39チームが決勝T進出。1次L突破率は84・8%と高い。初戦●は延べ46チームで、決勝T進出は4チーム。突破率は8.7%だ。初戦△は延べ36チームで、21チームが決勝T進出で突破率は58・3%と意外と高い。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年12月8日のニュース