FC東京 今季限りで引退のルーカスが勝利導く惜別弾

[ 2013年12月8日 05:30 ]

仙台戦の後半、先制ゴールを決め、ポポビッチ監督(左)の祝福を受けるFC東京・ルーカス

J1最終節 FC東京2―0仙台

(12月7日 味スタ)
 FC東京は今季限りで引退するルーカスが先制ゴールで勝利に導いた。

 後半8分、長谷川の右クロスを右足で流し込み今季11点目。J1通算90点に到達し「いろんなことを思い出して感情があふれてきた」とピッチで目を潤ませた。34歳のブラジル出身FW。04年に来日し、G大阪でも活躍した。チームは天皇杯で準々決勝に進出しており「まだ終わりではない。1月1日(決勝)まで行きたい」と意欲を奮い立たせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月8日のニュース