吉備国際大、岡山湯郷、日テレが準々決勝へ 皇后杯3回戦

[ 2013年12月8日 17:30 ]

 サッカーの皇后杯全日本女子選手権第6日は8日、静岡県藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場などで3回戦3試合が行われ、なでしこリーグ勢の吉備国際大、岡山湯郷、日テレが準々決勝に進んだ。

 吉備国際大は浦和を2―1で下し、岡山湯郷は延長の末にAS狭山を4―3で振り切った。日テレは早大に4―0で快勝した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月8日のニュース