柿谷 感謝の2発!クルピ監督ラスト采配で大勝プレゼント

[ 2013年12月8日 05:30 ]

<浦和・C大阪>後半8分 C大阪・柿谷(右)、ゴールを決め、左から南野、酒本と喜ぶ

J1最終節 C大阪5―2浦和

(12月7日 埼玉)
 C大阪はアウェーで浦和に5―2と大勝。ACL切符に届かない4位に終わったものの、レヴィー・クルピ監督(60)のラスト采配を飾った。

 オヤジの花道を飾る有終の2発だった。真っ赤に染まった埼スタで、圧巻のパフォーマンスを披露したのが柿谷だ。まずは2-1の後半8分、左サイドから中央へ切れ込み、右足でカーブを利かせたシュートを放ち1点目。さらに再び1点差に迫られた同31分には、ゴール前のこぼれ球を冷静に押し込み、今季限りで退任するレヴィー・クルピ監督の最終戦に勝利をもたらした。

 「きょう(のヒーロー)は(南野)拓実でしょ。10点満点やったら9・5やし、きょうはアイツの顔をバーンと(紙面で)使ってください」

 試合後は後輩を称え続けたエースながら、「8」を背負い1年間を走りきった。この日の2得点で今季通算得点は「21」。99年に24得点を挙げたFW黄善洪(ファンソンホン)に次ぐ、クラブ歴代2位となった。日本代表の活動が重なり体調を崩すこともあったものの、自身初となる全試合スタメン出場こそが責任感の表れだった。

 5度の胴上げで送り出されたレヴィー・クルピ監督も、柿谷ら選手たちを称賛した。「最高のパフォーマンスで、最高の結果を勝ち取ってくれた」。計8シーズンにわたってC大阪を率い、常に攻撃サッカーを展開してきた。そのラストマッチは敵地で5発圧勝。時に厳しく向き合ってきた若き選手たちの成長に、名将は目を細めた。

 これで今季は4位でフィニッシュ。リーグ初制覇に届かなかったとはいえ、昨季の14位からジャンプアップした。すでに天皇杯は敗退しているものの、広島、横浜、川崎のいずれかが優勝すれば、来季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権が転がり込む。「まずはしっかりと体を休めて、来シーズンに向けていい準備をしたい」と柿谷。つかの間のオフを経て、再び頂点へとアタックする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年12月8日のニュース