40歳ドゥトラ 現役続行へ!異例の半年契約の可能性も

[ 2013年12月8日 05:30 ]

J1最終節 横浜0―1川崎F

(12月7日 等々力)
 横浜DFドゥトラ(40)が引退を先延ばしにし、来季も現役を続行する可能性が高いことが分かった。一度は今季限りの現役引退を決意するも、クラブ側から不可欠な戦力として懸命の慰留を受け、本人も承諾する方向で話を進めているという。関係者によると異例の半年契約になる可能性も浮上している。

 また今季で契約が満了するMF中村俊輔(35)、DF中沢佑二(35)も残留が確実。一方、FWマルキーニョス(37)は既に1年の延長オファーを受けているが、来季J1に昇格する神戸からも複数年の提示を受けており、関係者によると移籍する可能性が高いという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月8日のニュース