アルゼンチン監督「良い組み合わせ」も少ない相手情報

[ 2013年12月8日 05:30 ]

14年W杯ブラジル大会1次L組み合わせ決定

 F組アルゼンチンは1位突破が見込める組み合わせ。サベジャ監督は「良い組み合わせになった。他の組だったら難しくなっていただろう」と話した。

 メッシを擁して優勝を狙える戦力を持ち、1次リーグを楽に戦える状況となって安心した様子。ただし、対戦相手の情報は少ないようで「ボスニア・ヘルツェゴビナは知っているが、イランとナイジェリアについては勉強して分析しないと」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月8日のニュース