清水ガックリ…リーグ最終戦は5年連続で黒星

[ 2013年12月8日 05:30 ]

<清水・柏>今季最終戦を白星で飾れず、肩を落とす清水イレブン

J1最終節 清水1―2柏

(12月7日 アイスタ)
 清水は5年連続で最終戦を白星で飾ることができなかった。最近7戦勝ちなしと苦手の柏に痛恨の逆転負け。5月25日の仙台戦以来続いていたアイスタでの不敗記録も9で止まり、ゴトビ監督は「サポーターのために勝利を収めることができず、がっかりしている」と肩を落とした。

 立ち上がりは清水のペースだった。前半10分、左サイドでFW高木俊がFW大前のパスを受け、ドリブルで相手DFをかわし先制ゴール。だがその後はチャンスをものにできず、同34分に同点に追いつかれた。後半27分にはFWラドンチッチが2度目の警告で退場。数的不利を強いられ、後半38分に柏FW田中に逆転弾を浴び力尽きた。

 昨季と同じ9位で今季を終了。9勝1分け7敗だった後半戦に対し、6勝4分け7敗と負け越した前半戦のツケが最後まで響いた。先制弾の高木俊は「シーズン当初、勝ちがなかったのが悔やまれる。来年は最初からいいスタートを切れるようにしたい」と、来季のスタートダッシュを誓っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年12月8日のニュース