オリ党・たむらけんじ「オリチャ~!です!」「中嶋監督が選手を我慢して我慢して使い続けたことが勝因」

[ 2021年10月27日 21:31 ]

たむらけんじ
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のたむらけんじ(48)が27日、ツイッターを更新。ファンを公言するオリックスバファローズの25年ぶりのリーグ優勝を祝福した。

 25年ぶりのリーグ優勝おめでとうございます。中嶋監督が選手を我慢して我慢して使い続けたことが勝因です。紅林も杉本もそれで開花した。福田、宗で1、2番が固定となりましたが、これは強いチームの証拠。そこにT―岡田らベテラン勢がうまく融合した。

 中嶋監督はコミュニケーションを大切にしていたようです。選手には、何かあると必ず声をかけた。たとえば1軍に上げて使わないまま2軍に戻す時は「悪かった」と頭を下げたと聞きました。そんな中嶋監督を胴上げしたいと選手らが心の底から思ったんでしょう。チームの意識を変えたんです。

 もともと投手力はあった。エースの山本は18勝。別次元の活躍ですね。宮城も13勝。クローザーとして平野がいるのも大きい。ペナントが始まった時に平野投手は「自分も含めて勝ち味が足らん」と言ってました。今年は野球をやっていて楽しかったと思います。勝利が最高の薬です。

 2009年にファンになって12年。本当に嬉しい。2年連続最下位からの優勝。チームの戦力があまり変わってないことを考えても意識の差ですよね。1、2番固定で、その後も打てる3、4、5番。ヒギンスからクローザーの平野と勝ちパターンも出来ていた。

 今年は10試合生観戦しました。そのうち、なんと7勝。笑いの福の神ですよ。オリホーじゃなくて、オリチャ~!です!

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月27日のニュース