「さまぁ~ず」三村マサカズ 相方の大竹一樹は「友達でありライバル」 妻との関係も「それがまた腹立つ」

[ 2021年10月28日 03:44 ]

「さまぁ~ず」の大竹一樹(左)、三村マサカズ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ(54)が27日放送のテレビ朝日「お笑い実力刃」(水曜後11・15)に出演し、相方の大竹一樹(53)との関係について語った。

 2人は高校2年生の時に同級生となって以来の付き合い。「サンドウィッチマン」の富澤たけし(47)から「大竹さんはどんな存在ですか?」と聞かれた三村は「やっぱり、友達でありライバルだよね。あいつが一方的に笑いを取っていたらちょっと悔しいというか。フリートークの場でね」と語った。

 「アンタッチャブル」の山崎弘也(45)から「三村さんが一方的にライバルですよね?大竹さんはライバル視していにでしょう?」と言われると三村は「大竹はわりと俺の話を聞いて、本気で笑っているけど、俺は7割笑って、3割はすげえ考えてる。それに対抗する話ないかなって」と密かなライバル心を明かした。

 また、駆け出しの頃にアルバイトをした経験はないのか?と聞かれると「したした、喫茶店とかで、大竹とシフト一緒だったりとか」と、アルバイトも一緒だった事を明かしたものの、「今の俺のかみさんが、先に大竹と知り合ってるの。で、店長が大竹と俺のかみさんを結びつけようとした訳。だけど、それを見て、『俺が好きなんだけど…』って思って、告白したりして、(大竹と)バイト別々にした」とまさかの展開を明かし「大竹は全く何とも思っていない。それがまた腹立つんだけど!大竹が何も思っていないのが、今の俺のかみさんってなんなんだよ!」と言って笑い「テレビ初出しトーク。皆に乗せられて話しちゃった。こっそりかみさんが傷ついているはず」と続けてていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月27日のニュース