「おかえりモネ」残り2話 とんぼ返りの菅波先生 去り際の背中はスローモーション

[ 2021年10月27日 08:15 ]

連続テレビ小説「おかえりモネ」第118話。東京にとんぼ返りする菅波(坂口健太郎)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は27日、第118話が放送された。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」などやテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏が手掛けるオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。

 第118話は、百音(清原)は遠藤(山寺宏一)らに、気象情報の投稿アプリとコミュニティFMとの連動を提案。双方向に情報をやり取りし、災害時の避難行動につなげようと考えたのだ。皆は提案に興味を示し、百音の仕事は少しずつながらも軌道に乗り始めていた。一方、未知(蒔田彩珠)は東京の大学に行くかどうかで悩んでいた。百音は未知の心の内を聞こうと、ずっと胸にしまってきた“あの日”に触れる…という展開。

 冒頭、東京にとんぼ返りの菅波(坂口健太郎)の去り際、後ろ姿はスローモーション演出。SNS上には「何?何なの?あの別れ際の意味深なスローモーション」「スローモーションはダメだろ、不穏すぎる」「月曜日に『未来に対して僕らは無力』と言っていた菅波先生が人間の力ではどうにもならない未来に向かっていく背中スローモーション…苦しい」「あのスローモーションはダメだよー。『先生と会えたのは、これが最後でした』みたいなナレーションが聞こえてきそう。勘弁して」「未来を知ってる視聴者は、菅波先生のスローモーション演出を、これから困難に立ち向かう…しばらくは会えない、またね、っていう意味で捉えちゃう。うぅ…頑張って」などの声が相次いだ。

 放送終了後(午前8時39分)、「スローモーション」がツイッターの国内トレンド14位に入った。

 最終回(第120話)まで残り2話。百音と菅波を待つ未来は――。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月27日のニュース