天海祐希 女優を目指すきっかけ語る「幼稚園のお遊戯会で先生に」「図に乗って」

[ 2021年10月27日 10:49 ]

天海祐希
Photo By スポニチ

 女優の天海祐希(54)が26日放送のカンテレ「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」(火曜後8・00)に出演。女優を志した動機について語った。

 番組では「一生でコレだけは絶対やらんと気すまへん!」ことが話題に。天海は「今のお仕事が子どもの頃からの夢だったので、こんなに幸せなことはないですね。これ以上のモノはないですね」と目を輝かせながら口にした。

 女優を志したきっかけについては、「幼稚園の時のお遊戯会で、本名ゆりって言うんですけど、先生に『ゆりちゃんは声が大きくて、お芝居上手ね』って言われたのに図に乗って、『お芝居をする人になろう!』って思ったんです」と明かした。

 さらに中学校の時に担任から「あなたは背も高いし、クラシックバレエもやってるから、タカラヅカに行ったら?」とアドバイスされたことが人生の転機に。「タカラヅカに行けば芸事の基礎を全部教えてもらえるし、舞台にも立てるし、ぜひタカラヅカを目指そうと思った」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月27日のニュース