×

FM新潟パーソナリティー・酒井春奈 デッドリフトで痩せやすい体をつくる

[ 2021年10月27日 05:30 ]

肩幅ぐらいに足を開いてペットボトルを両手で持つ
Photo By スポニチ

 寒い日が続いていますが、スポーツの秋です。体を動かしていますか?酒井春奈です。今回はデッドリフトという足のトレーニングをご紹介します。

 足の筋肉は体の中で最も大きな筋肉で、一般的に体全体の筋肉の60~70%を占めるといわれています。足のトレーニングをやれば、体全体の6割以上が鍛えられることになるので、ぜひやってみてください。

 まず、肩幅ぐらいに足を開いて、500ミリリットルのペットボトルを両手に持ってください。女性は1本でもいいです。腰を反りすぎず、おなかの力を抜かない状態で股関節を折りたたんでいきます。この時、お尻の位置が斜め下に降りていくような感覚を持つといいでしょう。注意事項としては腹圧を抜かないこと。しっかり体幹を固めてやらないと絶対、腰が痛くなります。最初はキツいと思うので、20回2セットできればいいですけど、できなければ15回2セットでもいいです。

 よく筋トレで痩せますか?と聞かれます。私はしんどくなるまでやるので、筋トレして痩せるということが経験としてあります。私と同じことをやってもらえれば痩せますけど、普通の人はなかなか難しいですよね。だから、筋トレして痩せるというよりは痩せやすい体、太りにくい体をつくる、ということを念頭にトレーニングしたらいいと思います。

 あと、どこをゴールにしたらいいんですか?と聞かれることもありますが、絶対に自分で決めないとやれないです。トレーニングは他人に評価されることじゃない。あくまで自分主導であるべき。みんなに運動不足と言われたとしても、例えば自分で毎日通勤で歩くという目標を達成できているのであれば、それで十分だと思います。あまり大きな目標を立てなくていいんです。目標がストレスになる人もめちゃくちゃ多いですから。(FM新潟パーソナリティー)

 ◇酒井 春奈(さかい・はるな)1988年(昭63)1月5日生まれ、新潟市出身の33歳。ラジオパーソナリティーだけでなく、言語聴覚士や心理カウンセラーとしての顔を持つほか、新潟市内のジムでパーソナルトレーナーとしても活動中。FM新潟では毎週水曜日午後1時30分から「active sports life」がテーマの「PLAYER’S」などを担当。10月から新番組「医療の広場RADIO」(毎週水曜日午後2時50分~)もスタートした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年10月27日のニュース