細江純子さん セクハラに悩んだ騎手時代から一転、今では「下ネタを書いている時が一番楽しい!」

[ 2021年6月24日 22:04 ]

元JRA騎手の細江純子さん
Photo By スポニチ

 元JRA騎手で競馬評論家の細江純子さん(46)が24日、ファンと牧場をつなぐ競馬メディア「Pacalla(パカラ)」の公式YouTubeの番組「馬っていいとも!」に出演。セクハラに悩んだ騎手時代について語った。

 「馬っていいとも!」はフジテレビで放送されていた人気番組「笑っていいとも!」の「テレフォンショッキング」のように、生出演した競馬関係者のゲストが「お友達紹介」として、次のゲストを紹介するコーナー。

 細江さんは松永幹夫厩舎の丸内永舟助手からの紹介で出演。自身の代名詞ともなっている下ネタについて、「騎手になった当初は、下ネタで悩んで、人間不信にもなって、引きこもりにもなって、精神的にもボロボロになりました」と告白。その上で、「下ネタをギャグで返した時に周囲が笑いに包まれて、その時に『ちっちゃいことで悩んでたな』と思ったんです。それからバンバン、下ネタで返すようになったら楽になりました」と明かした。

 週刊誌のコラムでは下ネタを連発している細江さん。「下ネタを書くことが息抜き。書いている時が一番楽しい」と語り、これからも書いて、書いて、書きまくる意気込みだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月24日のニュース