櫻井翔 グループ活動休止後「まず何をした?」の質問に「孫をした」と告白

[ 2021年6月24日 22:53 ]

「嵐」の櫻井翔
Photo By スポニチ

 嵐の櫻井翔(39)がTBS「櫻井・有吉THE夜会」(木曜後10・00)に出演。昨年末で活動休止となり「まずは何をした?」の質問に、「孫をした」と答えた。

 ゲスト出演したももいろクローバーZ・玉井詩織(26)が、グループの一員であることが当たり前となっている自らの現状に言及。「私はこの後1人で活動していく姿が想像できない。櫻井さん、(嵐が)活動休止をされている中で、今日からは1人で活動していくってなった時に、まずは何をしたのかっていうのが気になりました」とコメントした。

 櫻井は「多分、聞きたい質問の答えと変わっちゃうけど」と前置きし、「1人になって何をした?年明けて何をした?ばあちゃん家に泊まりに行った」と話した。それまで多忙だったため、祖母の家には「いつも日帰りで帰っていた。正月にあいさつに行くみたいな」と回顧。「何年も孫として泊まっていないな」と感じていたという。

 「晩飯もらって風呂入って、ばあちゃん布団用意してくれて。僕のために何かしてくれるってことが、およそ20年間なかった」と振り返った上で「だから…泊まった」と櫻井。午後8時ごろに、テレビを観ていると、祖母と2人きりに。「20年間お疲れ様だったね、ちょっとゆっくりできるんかい?」と、言葉をかけられたそうだ。

 感慨深げな表情の櫻井は、「だから、質問の意味とは違うけど、嵐が年末活動休止を迎えて何をしたっていうと『孫をした』っていう」。これに玉井は「ステキですね」と感激。番組MC・有吉弘行(47)はすかさず「作り話ですよ」とジョークを飛ばし笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月24日のニュース